RapidSQL_HeaderCopynew.png

Rapid SQL XE4

実績あるクロスプラットフォーム SQL IDE

Rapid SQL は、複数のデータベースに対応した効率的な SQL スクリプティング/デバッグを可能にするデータベース開発者とデータアナリストのためのツールです。

「Luxury Link は、SQL コードの品質向上、コードボリュームの削減、ユーザーエクスペリエンスの全体的な改善を行うために、Rapid SQL を選択しました。新しいサイトをオープンする段階で、コード量はなんと 80% も削減することができたのです。」

Luxury Link

特徴

Rapid SQL の特徴

Embarcadero Rapid SQL XE4 は、実績あるクロスプラットフォーム SQL IDE です。データベース開発者とアプリケーション開発者の高品質な SQL コードの迅速な作成をサポート。強力な開発環境が、ライブデータベースやオフラインのソースコードリポジトリに対して、SQL のコーディング、クエリーの構築、オブジェクト管理、プロジェクト管理、バージョン管理を簡素化します。直感的なSQL の編集機能、デバッガ、最適化ツールが、ハイパフォーマンス SQL コードの作成を支援します。

洗練されたSQLコードを迅速に

RapidSQL-Scripting-850.jpgRapid SQL の統合開発環境(IDE)は、SQL コードの作成、修正を効率化します。構文チェックや自動補完などの支援機能が、ケアレスミスを防止。ビルトインホットキー、列ルックアップ、コードテンプレート機能など、迅速な SQL コーディングをサポートします。Rapid SQL には、洗練されたデータベースプロジェクト管理機能も搭載されており、SQL ファイルのカタログ機能や検索機能も充実しています。

クエリーの作成をビジュアル化

RapidSQL-QueryBuilder-850.jpgRapid SQL に搭載されたビジュアルクエリービルダーを用いれば、SQL コードの作成時間を大幅に削減できます。複雑なクエリーの作成も、簡単なマウス操作で容易に構築可能。SQL コードの作成を合理化できます。

SQL コード、関数、ストアドプロシージャのデバッグ

RapidSQL-Debugger-850.jpgSQL デバッガが SQL コードのエラー発見を効率化します。ストアドプロシージャ、ファンクション、パッケージ、トリガーなどのプログラム可能オブジェクトをデバッグ(Oracle 、DB2 for LUW 、Sybase 、SQL Server に対応)できます。また、SQL プロファイラを用いれば、Oracle 上のさまざまな PL/SQL プログラム可能オブジェクトの測定情報を取得できます。

チームコラボレーションをサポート

RapidSQL-ProjectSourceControl-850.jpgRapid SQL には、チームコラボレーションをサポートする包括的な機能が搭載されています。主要なバージョン管理ツールとの統合機能により、開発者は、わずかな操作でバージョン管理ツールにプロジェクトを配置できます。チェックイン、チェックアウト、履歴、差分など、バージョン管理のすべての操作が、Rapid SQL 内でサポートされています。

SQL コードの品質向上でデータガバナンス推進をサポート

Rapid SQL のデータベース開発支援機能が、組織内のデータ品質向上を支援。データベース開発者は、Rapid SQLのSQL デバッガを用いることで、SQL コードの品質とパフォーマンスの向上を実現できます。 データガバナンス推進の基盤となるデータベースアプリケーションの品質に対して、Rapid SQL は大きな役割を果たします。

導入メリット

Rapid SQL が求められる背景

データベース開発者は、多様なビジネス要求を、日々変化するデータベース環境に適応させて、ソフトウェアを開発していく必要があります。ハイパフォーマンスアプリケーションを構築するには、要求されるソフトウェアアーキテクチャと、データベースそのものへの理解が不可欠ですが、昨今のデータベース環境は、ますます複雑化しており、データベ ース開発者が対応しなければならない領域は広がるばかりです。

実際、次のような状況が、データベース開発者の生産性に影響を与えています。

  • 複数のデータベースプラットフォームの使用
  • 複雑な SQL の構築やそのメンテナンスが非効率
  • データベース開発における成果物をアプリケーションコードのようにプロジェクトチームで共有できていない

Rapid SQL は、マルチプラットフォーム対応の SQL IDE です。SQL コードの構築をビジュアルにサポートし、品質向上を実現。データベース開発プロジェクトを強力に支援します。

Rapid SQL 導入のメリット

  • SQL コードを迅速かつ効率的に作成できます。
  • ビジュアルツールによりクエリーの作成をスピードアップできます。
  • SQL コード、関数、ストアドプロシージャをデバッグできます。
  • バージョン管理ツールを使って SQL コードを共有できます。
  • SQL コードの品質を高めることで、データガバナンスを推進できます。

機能一覧

基本機能

マルチプラットフォームサポート 主要なデータベース( DB2 、Oracle 、SQL Server 、Sybase ASE )を単一のユーザーインターフェイスでサポート。
Embarcadero AppWave対応 ライセンス管理の集中化とオンデマンドソフトウェア供給機能を利用可能。
Unicode サポート 製品の全機能において Unicode の完全サポート。
直感的なインターフェイス 容易な操作性の SQL エディタとウィザードによりルーチンワークを自動化。

オブジェクトサポート

グラフィカルオブジェクトエディタ テーブル、制約、インデックス、ビュー、プロシージャ、関数、トリガー、パッケージなど、さまざまなデータベースオブジェクトの作成、削除、変更をサポート。
ウィザードによるオブジェクト生成 ウィザードによって、選択したデータベースプラットフォームで選択可能なオプションを対話式に設定してオブジェクトを作成可能。
グループ化されたオブジェクトへのコマンド実行 選択したオブジェクトグループに対してデータベースコマンド( Drop 、Compile 、Analyze など)を実行可能。
拡張変更のサポート オブジェクトの編集結果に基づいて複雑なスクリプトを作成。(テーブルの中に列を挿入など)

SQL スクリプティング/編集

ビジュアルクエリービルダー 簡単なマウス操作で、複雑な SQL 文も構築可能。
コードテンプレート SQL 構文を覚えたり、タイピングする手間を軽減。
SQL エディタ コード折りたたみ、構文強調表示、ホットキー割り当て、カスタマイズ可能なオブジェクトの自動置き換えなど。
コンテキスト依存の DBMS アクション Extract や Drop などの DBMS アクションを SQL エディタ内のトークンのコンテキストメニューから直接実行が可能。

デバッグ、パフォーマンス最適化

Code Analyst ストアドプロシージャと関数の実行の詳細な応答時間分析が可能。
SQL デバッガ ストアドプロシージャ、ファンクション、パッケージ、トリガーなどのオブジェクトをデバッグ。( Oracle 、DB2 、Sybase 、SQL Server に対応)
SQL プロファイラ
( Oracle のみ対応)
Oracle 8.1.5 以降の多様な PL/SQL プログラム可能オブジェクトの測定情報をキャプチャー可能。

Rapid SQL の開発者機能

コーディング支援 高度なコード入力支援、コード入力に際し、コンテキスト依存型のリスト(テーブル、列、プロシージャ、関数、コードテンプレートなど)を提示。オフラインでも利用可。
コードの整形とプロファイル コード折りたたみ、構文強調表示、コメントトグル、その他の自動フォーマット機能により、大規模な SQL ファイルの作業を効率化。さまざまな SQL の整形テンプレートを定義して共有可能。
構文/セマンティック検査 SQL ファイルを検査して、すべての DBMS 固有のパースエラーや、対象とするデータベースに存在しないオブジェクトの参照などを指摘。
クイック修正 リアルタイムパースにより、入力した SQL のパフォーマンスを高める SQL の書き直し案を表示。
SQL デバッグ Java アプリケーションのデバッグで、シームレスに SQL (ストアドプロシージャ)にステップインし、再び Java に戻ることが可能。

製品体系

エディション

Rapid SQL XE4 では、Oracle、SQL Server、Sybase、DB2 ( LUW ) に対して、単一のユーザーインタフェイスからアクセスできます。

Rapid SQL XE4

  • SQL クエリーを通じてデータの分析を行うビジネスアナリスト、または、クエリーの記述やスキーマ、オブジェクトの作成/編集を行うデータベース開発者および SQL のデバッグなど、より高度なデータベース開発機能を必要とするユーザー向けの製品です。PL/SQL プロファイラ( Oracle のみ)も利用可能。

エディション XE4
対象 DB 開発者
SQL スクリプティングと編集
オブジェクトの作成と編集
スキーマ開発
バージョン管理
デバッガ
Code Analyst
PL/SQL プロファイラ( Oracle のみ) 
AppWave によるライセンス管理
クロスプラットフォーム

ライセンス形態

Workstation ライセンス

  • 特定の個人が 1 台のワークステーション上で使用権が与えられるライセンスです。ソフトウェアは 1 台のコンピュータにインストールして使用することができます。Workstation ライセンスを複数のユーザーで共有したり、譲渡することはできません。

Network Named ライセンス

  • Network License Server ( Embarcadero License Server または FLEX )によって管理される指名ユーザーライセンスです。ソフトウェアは複数のコンピュータにインストールして使用することができますが、同時に使用できるのは 1台のみです。Network Named ライセンスを複数のユーザーで共有したり、譲渡することはできません。

Network Concurrent ライセンス

  • 組織内の不特定多数が同時に使用できるライセンス数を規定するライセンスです。ライセンスは、Network License Server( Embarcadero License Server または FLEX )によって管理されます。

価格(税別)

エディション XE4
Workstation ¥120,000
Network Named ¥120,000
Network Concurrent ¥240,000

上記の価格に加え、初年度のみ年間保守契約が必須となり、保守料金(ライセンス料の 25% )が別途かかります。なお、契約期間中はテクニカルサポートのほか、対象製品についてのすべてのアップデート(メジャーバージョンアップを含む)を無償で受けることができます。また、2 年目以降の保守料金は前年度の 104% となることを、あらかじめご了承ください。

ダウンロード

評価版ソフトウェア

最小のハードウェア構成は以下のとおりです。

  • Pentium 4 レベル以上のプロセッサ
  • 1GB 以上のメモリ
  • 1GB 以上のディスクスペース
  • 1,024 × 768 ドット以上の高解像度ディスプレイ

Rapid SQL XE4 は、以下の OS をサポートしています。

  • Windows XP SP2
  • Windows Vista
  • Windows 7

Rapid SQL XE4 は、以下の RDBMS をサポートしています。

  • Firebird 2.0
  • IBM DB2 for z/OS 8、9
  • IBM DB2 LUW 9.0 - 9.7、10
  • InterBase 2007、2009
  • Microsoft SQL Server 2005、2008、2012
  • MySQL 4.x
  • Oracle 9i - 11g
  • Sybase ASE 12.5 - 15.5
  • Sybase IQ 12.7 - 15.4

   ※Rapid SQL のデバッガは DB2 LUW、Oracle、MS SQL Server、Sybase にのみ対応。

製品ドキュメント( PDF )